スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐ろしい展覧会

2008-02-07 (Thu) 16:05[ 編集 ]
昨日大変ショックな事を知りました。

いつも仲良くさせて頂いている

ふたりといっぴきLife♪のちこさんのブログで

衝撃的な事実が・・・

恐ろしい展覧会

犬を短いロープに繋いで、その犬が餓死していく

様子を観客に見せるというアート、だそうです。

その犬は子供にお金を渡して連れて来させた犬で

食べ物はもちろんお水も与えず、ただただ弱って

死んでいく様子を「展示」したそうです。

場所は南米のホンジュラス。

この国は野良犬が多く、又飢えの問題が深刻で

沢山の子供達が飢えで死んでいくという現実を

抱えた国だそうです。

だからといって?? それとどういう関係が!?

この記事を知った時、私は自分の深い、奥底から

何かが湧き上がってくる様な震えを感じました。

怒りに打ち震えるというのはこういう感覚なんだと

初めて感じた様な気がします。

一体何なんですかこれは!?

何がアートだ、作品だって感じ。

これを展示する人、展示場所を提供する人

そしてお金を払って見てる人・・・

全ての人(もう人、という表現を使う事自体が

嫌でたまりませんが)の感覚・考えが全く

理解出来ません。

理解しようとも思いません。

こういう事があるという事実をもっともっと

広く知って欲しい、そしてこんな辛い思いをした

このワンコへの弔いになればと思って

紹介させて頂きました。

今頃はきっと虹の橋で温かなご飯と

安らかな寝床を得ていると信じたいです。


以下転記です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

作者はコスタリカ出身の50代の男だそうで

この残虐な作品?が評判が良かったので

次の犬も探しているそうである。

いったいどこまで人間は残虐になれるのだろうか?

同じ人間という種族であることが悲しい。

こんなことを許した会場も許せないし、この犬をただ見て

何もしない観客も恐ろしい。

信じられないことに、この作品?はコスタリカ代表として

表彰され

「Bienal Centroamericana Honduras 2008」という

イベントへの参加が決まったそうである。

**********************

次の展示会に、この作者を出さないようにという署名を

ここで集めています。

署名の仕方(ローマ字)

Name: (required) (名前)
Email Address: (required) (メールアドレス)
Ciudad / Localidad: (required) (町の名前)
PaA-s: (required) (国)

そして、「Preview your signature」にクリック
次のページの「Approve Signature」にクリック

同じようにmixi内にもあります。
会員の方はこちらでもごらんになれます。
******************

英文のサイトです。


◆◇◆◇署名を考えてくださった皆様へ◆◇◆◇ 

ネット上での署名は、世界各国からオンラインで

誰でも閲覧が可能になっています。

『Ciudad / Localidad: (required) (町の名前)』の

欄には、ご住所の番地などまでは書く必要は無いかと

思われます。

個人情報をあまり詳しくかいてしまうのも心配ですし…。

日本から署名されている方達はそのほとんどが

都道府県までにとどめていらっしゃるようですので

それ以下は書かれなくても良いように思います。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


私達の大切な家族であるワンコがこんな扱いを

もしも受けたとしたら・・・と思うとたまりません。

この作者(という言い方をする事自体も不本意ですが)は

コスタリカ代表として新たなイベントへの参加が

決まったといいます。

このままでは第二第三の犠牲が出てしまいます。

一体このワンコが何をしたというのでしょう。

自由を奪われ食べ物もお水さえも与えられる事もなく

いつか誰かがきっと助けてくれる・・・と願いながら

意識が遠のいていったのかと思うと涙が止まりません。

私達に出来る事は本当に限られた事しかないのかも

しれません。

でも、人間の愚かな考えの下に犠牲になった

このワンコがいたという事を知って欲しいのです。

皆さんはどう思われましたか??


ポチっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ

スポンサーサイト

コメント

昼間「夜鳴き」についてコメントを入れようと思って開きママさんのお友達さんのところにいきこの展覧会について知りました
なんて恐ろしいことでしょう
というか言葉にならないというかこの気持ちをどうやって表現したらよいか・・・
私もこのことをブログに載せてもいいでしょうか?
あまりのショックにママさんちにコメントも入れず、またぶしつけなコメントになってること許してくださいね

v-273ななママさん
是非ぜひそうして下さい。
ななママさんのブログは毎日何百人もの人が
訪問する影響力の大きなブログです。
この事実を1人でも多くの方に知って頂きたいと
思っています。
よろしくお願いします。

このニュースはちょっと前に知りました。
でも、リンク先を読むまでは画像なんかは見た事がありませんでした。
言葉になりません。
何がアートで作品だよ!!!
なんで黙って見てられるんだよ!!!
どーいう神経したら、こんな残虐な事ができるんだろう・・・

アタシも以前見ました。ショックと怒りで涙しました…
でも怖くて先を読み進む事が出来ませんでした
本当に残酷ですよね。
モモ&はなを迎えて可愛さが増す中で、それまで知る事もなかった、こぉ言う悲しい事実も知るようにもなりました。どうか全てのワンコが幸せでいられますように!強く願います。
ポチ

なんか凄くショッキングです・・・
今、この展示会の所を見たんですけど・・・
なんか言葉に出来ないほどショックで・・・v-390
同じ人間がすることとは思えなくて・・・
整理がついたらブログに載せさせてもらうかも
しれません。ただ今はブログに書くのも怖いです。
本当に悲しくなってきてしまいます・・・

ママさんのブログで、初めてこのような残酷なことがあることを知りました。。
画像の方も。。。見て来ました。
思わず目を背けたくなるような・・
見てて、涙が出てきました。。
言葉を失ってしまいます。。
本当に・・アートでも作品でもないです。。
こんなこと。。止めて欲しいです。。
すみません。。上手くコメントできなくて。。

人間って、死に直面すると考えられないくらい
残虐になるものなのでしょうか・・・
辛くて、知ってはいましたが、まだ見ていません。
ちゃんと見て、署名しようと思ってます。
このことが、好評だったという事実も信じられない。
信じたくない!

全くどんな人格なんでしょうかv-412
こんな酷い事は許せないですv-359
お金儲けのために平気でこんな事が出来るなんて・・・
上手く言えませんがとにかく悲しいです
ウチのはなだってブリーダーが近親交配させた為に
一生病気の発作と闘わなくちゃならないんですよ
発作の間、手を出す事も出来ない辛さ・・・
もっと命というものを考えて欲しいですv-293

satokoさん、記事に取り上げてくださって
ありがとうございます。
とても心強い後押しです。
この怒りや悔しさはまだ消えそうにありません。
でも、みなさんの力が巨大な刃となって
この愚かな芸術家(と認めないけど)の心に
突き刺さる事を祈ってます。
今後の行く末も見守っていきたいと思ってます。

この事を知ってから私は、もっと責任を持って
ちょろに幸せな人生をまっとうさせてあげるんだと
改めて誓いました。それしか出来ませんが、
それが私の精一杯のアノ愚かな人間たちへの
抵抗です。
人間のエゴによって動物たちが苦しむ姿は
もう見たくありません。

v-273麻樹さん
この話は色んな所で取り上げられている様ですね。
ほんとにこの人達の頭の中はどうなって
いるんだろう!?と怒りがこみ上げてきます。
見ていた人誰か一人でもこのワンコの繋がれた
紐をほどいてあげる人がいなかったのかと
悔やまれてなりません。

v-273ゆうさん
ゆうさんもご存知だったんですね。
私もワンコを迎えてから様々な境遇にあるワンコの
話に敏感になった様な気がします。
どのワンコにも幸せな時間が流れて欲しいと
切に願っています。

v-273じゅんさん
私も初めてこの事実を知った時は何とも言えない
気持ちになり暫く涙が止まりませんでした。
いつか気持ちの整理がついたらじゅんさんの
ブログでも取り上げて下さいね。
それがきっと第二第三の犠牲を阻む事に
繋がると思います。

v-273angeさん
私も今回お友達のブログで初めてこの事実を
知りました。
世界的にも批判が集まっていて日本語でも
署名を集める話が出ているそうです。
みんなの声が第二第三の犠牲を防ぐ事に
なると信じたいです。

v-273かこさん
この人は「道で飢え死にする犬には目もくれないのに
こうして展示すると批判する気持ちが分からない」と
いう様な事を言ったそうです。
どこからそういう発想が生まれてくるのか
本当に理解に苦しみますよね。

v-273はなちゃんママさん
はなちゃんママさんは一部の人間のエゴの
犠牲になったはなちゃんと一緒に生活されて
いるんですものね。
本当に人間はどこまで残虐になれるんでしょうか・・・

v-273ちこさん
私もちこさんに同感です。
私達が今一緒に生活しているワンコを精一杯
慈しんであげる事がエゴにまみれた人達への
ささやかですが確かな反抗だと思います。
今回この事を教えて下さって本当に
ありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://minttiyurueve.blog32.fc2.com/tb.php/73-d34c2b11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。