スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断しました

2008-04-22 (Tue) 22:38[ 編集 ]
前回のイヴのヒートの時ですが・・・

交配の事や避妊手術の事について

皆さんに貴重なご意見を伺って

私、真摯に受け止めさせて頂きました。

それから3ヶ月。

考えに考えて、悩みに悩んで

諸般の事情も考慮してとうとう決断しました!!

ティユルとイヴの子供の事を真剣に

考えたいと思います。

もちろん自家繁殖に反対の方がいらっしゃる事も

理解してます。

でも、それでもパパとも相談した結果

今しかその時は無いという事で決断したんです。

決断したからには当然調べなければいけない事も

沢山あります。

今はネットで色々調べたり繁殖に関して詳しく

載ってるという「愛犬の繁殖と育児百科」なる本を

買って少しずつですが読んだりして猛勉強しています。

もちろん遺伝的疾患についてもそうですが

ティユルとイヴの子供を本当に望んでも問題無いのか

それを調べられる範囲で、出来る限り調べる事にしています。

以前ブログでもお話しました通り、うちはもともと

ティユルの子供が欲しいと願ってイヴを迎えました。

その時にももちろんどういう子が適しているのかを

きちんとかかりつけの獣医さんに相談してイヴが

我があひる家にやって来ました。

獣医さんは私がティユルとイヴの子供を

望んでいる事、遺伝的疾患について調べたいと

思っている事などについて相談に乗ってくれると

言ってくれましたので明日にでも行って来るつもりです。

後は医学的な話になります。

もしティユルとイヴに遺伝的疾患が見つかれば

もちろん今回の事は諦めます。

そして手術も受けさせようと思っています。

手術の件はパパとは話してませんが・・・

今回のあひる家としての決断に賛否両論あるとは

思います。

そのご意見も又真摯に受け止めます。

でもどうかこの決断をするまでに至ったまでには

大きな苦悩があった事、そして安易には決して

考えていない事をご理解頂きたいと思います。

一歩前に踏み出したあひる家に・・・


ポチっとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ

スポンサーサイト

コメント

わかります☆

実は我が家も同じです。
るいを迎えるにあたって、家族で話し合い、健康で遺伝的疾患がなければ、
るいをママにしたいと思っています。
予防接種の時に、先生に聞いてみたのですが、
るい自体には、問題はなく、相手方とよく話し合って、
不安がなければ、大丈夫とのことでした。
小さいから産めないかもしれないと思ってた。
帝王切開になる確率はほかのワンコよりも、高いかもしれない。
子供の数が多すぎると、るいには産めない、
少なすぎても赤ちゃんが大きくなるので、産めない。
旦那様の大きさもできれば3キロまでの子を・・・
2回目のヒートよりも3回目のヒートの方が良い仔が生れますよ♪
などなど・・・話を聞いて、次回(きっと8ヶ月後)チャレンジします。
長男が家にいる間に・・・
不安はないわけではないけど、家族で決めたこと、
もし子供が出来なかったら又、その時に考えることにしてます。

私も勉強中!!
ママさんも頑張って下さいね
色々教えて下さいね☆

さっそくHPに遊びにきてみました。
記事を拝見したところ、真剣に交配を望んでいるんですね。私は、繁殖に向く子、向かない子の最終判断は、価値観などもあるので、個々のオーナーさんの考え方次第だと思っています。また、オーナーさんが考えた末に出した結論が正しいとも言えないと思います。私は、繁殖をした立場ですが、自分の子が繁殖に向いているとは思っていません。我が子可愛しの感傷に流された決断だと思っています。
ただ、自分の子が可愛いからこそ、生まれてくる子供達の健全、健康、幸せを願って勉強することが大事なんだと思います。
勉強するにも、人が言うことがすべて真実とは限りません。いつもいろんな可能性を考えてみてください。
メールにも書かれていましたが、女の子より小さい男の子を交配‥獣医さんからのアドバイスをクリアしているとありましたが、「お腹の子が大きくなりすぎない=安産」という獣医さんの考えでしょうか?哺乳類の多くは、オスのほうが体が大きい場合が多いと思います。では、子供が大きくなりすぎて、自然分娩が難しい状況でしょうか?
もし、小さい男の子を交配して、小さい子が産まれるという仮定なら、その子供、孫たちも、そのような交配をしていった場合、どんどん矮小化していってしまいますよね?^^;
体のサイズ一つとっても、その子がそのサイズである理由はいろいろあります。単純に両親からの遺伝的なものなのか、消化吸収の能力が悪く大きくなれなかったのか‥などなど。そう考えると、単純にサイズだけで、この交配の組み合わせはOKと簡単に言えるものではないと思います。
長くなってしまいましたが、私自身もいまだに勉強中です。いろいろ分からないことも多いです。
お互いいろいろ勉強したことを情報交換して、ブリーディングに生かしていければ‥と思っています。
問題はいろいろあると思いますが、ワンコ達のためにも、勉強を頑張って♪♪

satokoさんとパパさんの決めた事を
私は応援したいと思います。
ウチはちょろだけだし、子供は考えない環境だけど、
satokoさんは最初からティユルくんとイヴちゃんの子供を…と考えていたんですもんね。
獣医の先生とよく相談して進めていけば、どちらにしても納得のいく結果が
待っているんじゃないかと思います。
私は知識がないので何のアドバイスも出来ませんが、
とにかく頑張ってみてほしい。応援してます♪
何より、ティユルくんとイヴちゃんが健康で
ずっと幸せに暮らしてくれればそれが一番です(^^♪

ドッグスリングお持ちなんですね~ かっこ悪いってわかります...息子はやってくれませんでしたv-403
赤ちゃんのこと読みました...v-344 私的には出産子育てを経験して来てこんなすばらしい経験が出来てかわいい子が授かって良かったし皆さんにもぜひ!と言いたいのですが...
さんごを迎えてから一生懸命勉強して交配に望みました 素人の知識ですが...
ティユル君とイブちゃんの色が薄いのが気になります 見た目お鼻もパットも真っ黒そうですが 爪はどうですか?
どちらか爪が黒ければ問題ないと思われますが 両方白い場合良く考えられたほうがいいと思いますよv-286
安全な掛け合わせはクリーム系には色素のしっかりしたブラタンとかけた方が安心です
2匹の子が欲しいと思われるのは当然のことですが 心配ならブリーダーさんと相談して色の濃い交配犬にお願いするということも考えられた方がいいとも思います
ちょっときつい意見かもしれませんが 獣医さんは疾患については分かるとおもいますが ダックスのカラーの掛け合わせには詳しくないと思います ダックス専門のブリーダーさんで相談されると言いと思います
私も人間が勝手に行う交配にすごく悩みました...たくさんの先輩ママさんも付いてます 頑張ってくださいね
さんごの子が今年出産させたいと言ってますので うちもまた勉強しなおしですv-411

私のブログに、自家繁殖と書いているんですが、
ちょっと、語弊があってかもしれないです。
正確には、母犬は我が家の飼い犬で、
父犬は、うちのv-138ワンの
おばあちゃんにあたる『のえる』という子を
買ったブリーダーさんのところで、
色や遺伝なんかを観てもらって、
交配しましたe-415
ダックスは、交配が難しい犬種だと思うので、
やはり、プロの方に相談して、決めましたv-222
血統にも色々よると思うので、
信頼できるブリーダーさんに尋ねてみるのも
ひとつの手かと思いますv-218
たくさん考えて出した結論なんですから、
私も応援してますv-22

賛否両論ですかぁ。。。
やっぱりそうなんですね^^;
うちは共働きなので、諦めたんですが、
そうでなかったら、ココの子供欲しいって思ってました。

satokoさんが凄く考えて出した結果だし、
ティユルくんもイヴちゃんも嬉しい事だと思います。
安易に繁殖するわけでもないんだし、
相談できる獣医さんもおられて、
satokoさん自身も勉強しよう!って思われてるし、私は応援します!!
遺伝的疾患が見つからない事祈ってます!

ティユルくんとイヴちゃんの分身である赤ちゃん。ほんと楽しみにしていますね!
頑張って下さい!!

人それぞれ、色んな意見があるようですね?
私は、去勢・避妊をするしないも・・
子供を産ませる・産ませないも・・
飼い主さんそいれぞれ、意見があっていいかと思いますよ。。。
体が弱い子とか、無理な妊娠・出産でなければ・・
安易な考え方でなければ、良いのでは?
少なくとも、satokoさんのおうちではパパさんも・・
真剣に考えておられるようですしね!

大事な家族の一員ですものね・・
その子の子供も見たいって気持ちも分るし・・
良い方向に話が進むといいな~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

決意宣言だぁv-352
そうですね 私もangeさんと同じ気持ちです
飼い主さんのそれぞれの考えがあって当然と思うし、
どの方もその子が大事なわけですから・・
どちらでも真剣に考えてのことでしょうから・・。
私も実際昨年出産させた一人ですが
やっぱり考えました。調べました。
交配前に特に相手については慎重になりました。
カラーのことや・・・母体の体調や・・・
今ふりかえると本当にななには感謝でいっぱいです。
そしてこの子たちをこれからももっと大事にしていこうとしみじみ思っています。
satokoさんも今の決意から実際のヒートまで時間があるので
不安なことは納得いくまで調べたらいいと思います。
命の誕生がこんなにも活字で書いてあるものよりも
どんな説明よりも大きなものだと私たちよりうんと小さい体のななが教えてくれました。
本当に感謝・感謝です。
satokoさんの納得いくようにがんばってくださいね
(私もその本持っています^^)

v-273るいママさん
るいママさんの所もまさに今の我が家と
全く同じ状況にあるとは思いもしませんでした。
るいちゃんにも子供を、と考えられているんですね。
私もるいママさんと同じ事考えていました。
獣医さんの話だとダックスは帝王切開になる
可能性は高いそうです。
妊娠したとしてもその数によって大きく左右
される事もありますよね。
獣医さん曰くダックスの平均妊娠頭数は
3頭~4頭だそうです。
まれにそれよりも少ない場合はあるけれど
その場合にはやはり大きくなりすぎてしまう事が
あるそうです。
ティユルが3.6kg位なのでお婿さんとしては
喜ばれると思いますよ、とも言われました。
でも私はティユルをイヴ以外の子と交配させる
事は考えていません。
ティユルとイヴの子だからこそ望んでいるんです。
私も今不安や悩みが頭の中の7~8割を占めています。
でも一つひとつ解決していこうと思ってます。
お互い勉強ですね。
私にもるいママさんがお持ちの情報があれば
是非教えて下さいね。

v-273ちゃこままさん
そうですね、確かに仰る通りだと思います。
私達が出した結論が正しいとも正しくないとも
言えない、我が子可愛さによる感情だと・・・
今の私もそうです。
決断はしたもののそれが正しいのか正しくないのか
ティユルとイヴの子供が欲しいという感情に
流されているだけではないかと思う事が
よくあります。
これは本当に永遠のテーマだと思います。
ティユルよりも大きい子を、という獣医さんの
アドバイスの真意ですが今日聞いてきました。
お腹の子が大きくなりすぎない=安産
という事ではなく、骨盤の大きさの問題だそうです。
人間でもやはり骨盤がしっかりしている人の
方が良い様にワンコもそうだという事らしいです。
ティユルが小さい事についても医学的見地から
見ても特別栄養状態が悪いとか臓器の
問題とかではないそうです。
蛋白や貧血の検査値も正常だしティユルの
場合はこの点については心配する事はないと
言われました。
ちゃこままさんも未だに勉強中なんですね。
私にとっては大先輩、これからも気づいた事
何でも指摘して下さいね。
頼りにしてます。

v-273ちこさん
あひる家の決断を応援して下さるとの事
ありがとうございます。
ちょろ家ではもともと子供を望んでいないという
お話でしたもんね。
素人考えで色々悩んだり結論を急いだりせず
獣医さんにどんなに小さい事でも相談して
質問して一つひとつ解決して行きたいと
思っています。
とにかく今はあひる家の幸せを一番に考えて
進んでいきたいです。
ちこさんの仰る通りティユルとイヴが健康で
ずっと幸せに暮らしてくれる事が一番ですものね。

v-273さんごママさん
ドッグスリング持ってますよ~
私は赤ちゃん抱いてるみたいで結構嬉しいのですが
パパはどうしても嫌みたいで・・・
息子さんもうちのパパと同じ理由ですかね!?
さんごママさんも出産のご経験があるんですね。
心強い味方がまた1人増えた気分です。
ティユルとイヴの色素の問題ですよね。
私もその事は別の方から指摘を受けたんですが
ティユルもイヴも鼻・目わき・パットともに
黒いので大丈夫かなと思ってます。
爪に関してはイヴが真っ黒ではありませんが
少し黒いです。
安全な掛け合わせにブラタンをというのは
今日病院でも病院の専門雑誌に載っている
記事を見せて頂いたらそこに記載されていました。
一番古典的な色がブラタンだからという事
らしいですよね。
ダックス専門のブリーダーさんには今お友達が
知り合いにいるので声を掛けて頂いていて
そのお返事待ちなんです。
上手くコンタクトが取れたらブリーダーとしての
見地から色々とご意見を伺いたいと思っています。
さんごちゃんの子供ちゃんが今年出産なんですね。
先輩ママさんとしてこれからも色々と
教えて下さい。

v-273まろんさん
まろんさんの所はブリーダーさんに頼んで
交配してもらったんですね。
ダックスは人の手が加わっている犬種だけに
色々な面で大変らしいですね。
直接の知り合いではないのですが、今お友達で
ダックス専門のブリーダーさんの知り合いが
いらっしゃる方がいて、その方にブリーダーさんとの
コンタクトをお願いしている所です。
もし上手くコンタクトが取れたとしたら
ブリーダーとしての見地から色々と伺って
みたいと思っています。
あひる家の決断を応援して下さるとの事
ありがとうございます。
これからも色々と教えて下さいね。

v-273ゆか(ココまま)さん
はい、やはり自家繁殖には賛否両論が
あるのが事実だと思います。
私は幸い今は完全な専業主婦ですので
そうした家庭の状況からも今しかないと
決断しました。
私自身の出産なら産休も取れるでしょうが
ワンコの場合ではそうはいかないですからね。
今回の事は正直言えば1年近くの年月を
費やして出した結論なんです。
ティユルとイヴにとってこの決断が本当に
良い事なのかは今でも分かりません。
でも安易に考えている訳では決してありませんし
幸い信頼できるホームドクターもいます。
遺伝的疾患についてはどこまで調べるか
何をもって遺伝的疾患とするかという
学術的な話もある様です。
こればっかりは人間と一緒で産まれてみなければ
分からないと今日獣医さんにも言われました。
もし疾患のある子が産まれた場合の事も
考えなければなりません。
まだまだ悩みや不安はつきません。
応援して下さるとのお言葉、本当に嬉しく
思います。
ありがとうございます。

v-273angeさん
ほんとに賛否両論あると思います。
妊娠出産をするかしないか、避妊手術を
受けるか受けないか・・・
こればっかりは永遠のテーマであると
私は思っています。
獣医さんにも最後は飼い主さんの考えですから
その決断には出来る限りのバックアップは
させて頂きますとの言葉を頂いて来ました。
ティユルとイヴの健康状態に関しては
臓器も含め極めて良好との事でしたので
今は次の段階を考えている所です。
何が大事ってもちろんティユルとイヴが一番
大事です。
これからまだまだ超えなければならない事も
ありますのでどうなるかは分かりませんが
あひる家としての幸せを一番に考えたいと
思っています。
どうかangeさんもあひる家のこれからを
見守って下さいね。

v-273○○さん
ご連絡ありがとうございました。
又何かありましたらその時は
よろしくお願いします。

v-273ななママさん
そうです、決意宣言です。。。
でも今でもそれが本当に正しい選択だったのか
自信が無いんです。
ななママさんもangeさんと同意見なんですね。
私もティユルとイヴが何よりも大切です。
昨日パパが言っていたのですが
「あの子達は俺達の癒しだからな」
ほんとにその通りだと思います。
ななママさんも去年のななちゃんの出産が
あったから色々と勉強されたんでしょうね。
ななちゃんは小さな身体で本当に頑張って
くれましたよね。
今でもあの時の事を思うと涙が出ます。
今の予定でいけばイヴの次のヒートは
9月頃になる予定です。
準備期間を除けばあと4ヶ月あります。
心配な事分からない事に関しては
どんなに小さな事でも素人考えで判断せず
獣医さんの助言を仰ぎたいと思っています。
今は命の誕生に対する感動を夢見るよりも
不安や心配の種の方が頭の8割を占めてます。
あひる家として納得のいく道を選んで行きたいと
思います。
あっななママさんも同じ本持ってたんですね。
やっぱり有名みたいですからね・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://minttiyurueve.blog32.fc2.com/tb.php/117-faeb33a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。